“うつしき”展 at cite’

“うつしき”展 at cite’

31

7月21日より初めての中国地方、広島にあるcite’さんにて展示を行います。

今回は初めてうつしき展というお店をテーマとしての展示。

アクセサリー作品は勿論ですが、普段お店で扱っている今まで集めてきた古物、鉱物も展示販売致しますのでどうぞお愉しみください。

cite’

7月21日(木)7月31日(日)

定休日 火曜日、水曜日

11:00 – 19:00

広島県広島市中区幟町9-1-1F

050-1358-5752

在廊日

 21日(木)、22日(金)、23日(土)、24日(日)、31日(日)

数万年の時間をかけて形づくられる鉱物。

その美しさをそのままに生かしたyasuhide onoのアクセサリーは、世界各地で古代から身につけられてきた装身具のように、人と自然とをつなげてくれる不思議な魅力を持っています。

制作が行われるのは福岡県宮若市にある「うつしき」。

悠久なる時間が流れる古い鶏舎に入ると、美しく配された鉱物やアンティーク、音や香りによって、普段使わない感覚が開かれていくことに気づきます。

この度は「うつしき」展として、アクセサリー作品と同時に、作家本人がアジア各地で集めた鉱石やアンティークでcite’店内を満たし、その世界の一部をお伝えします。

人間の時間と地球の時間とを同時に遡り、その全てがつながって生まれる美しい景色をご覧ください。

「うつしき」とは、現し/顕し(古きも新しきも混在した)、日本特有の移りゆく四季、うつくしい、などの言葉を掛け合わせて生まれた言葉です。

当日は「うつしき」のスタッフkiki product 田代の夏をイメージしたハーブティーでお迎えします。

たくさんの新しい出逢い。

皆さまのご来店心よりお待ちしております。

展示期間中もお店は通常通り営業しておりますのでお店にも是非お立ち寄りください。