スリランカとアーユルヴェーダ

スリランカとアーユルヴェーダ

29

はじめまして。

うつしきのスタッフであり、KiKi Productとして暮らしに纏わる製作物をつくる活動をしています田代と申します。

今回わたしは約3週間、インド洋に浮かぶ島、スリランカにて5000年の歴史を持つ伝統医学アーユルヴェーダを学んできました。

わたしは普段うつしきでお客様とお話ししながらその方の体質に合ったハーブを調合し、量り売りしています。

お店で使用しているのはオーガニックの西洋ハーブが主なのですが、日頃からもっと身近にあるハーブや野草を使って何かしたいという想いがあり、うつしきの周りの畑で少しずつですがハーブを育てています。

そして今のわたしの学びや体験を更に深いものにしたいという思いより今回スリランカに行きアーユルヴェーダの智慧を学んできました。

13493702_1734616386797802_1445911928_o

そもそもわたしがアーユルヴェーダと出逢ったのは約5年前

以前飲食店で働いていたときにわたしが作った食事がお客様の大事なエネルギーとなりその人の身体を作るというサイクルを身をもって体験しました。

作り手がどの食材を選ぶのかがとても大事なんだということを実感したのです。

そこからオーガニックに興味を持ち、自分の身体にも気を向け始めるようになりました。

13517828_1734616056797835_817856643_o

そして経皮毒という言葉と出逢いました。

わたしたちは口からだけではなく皮膚や頭皮からもいろいろなものを吸収しています。

色々と調べていくうちに頭皮は特に敏感であるということを知りました。

当時タイカレーのお店で店主として働いており、ハーブと接する機会は多かったのでそこから興味を持ちハーブを用いたシャンプーがないか探してみることにしました。

そんな中見つけたのがインドのハーブで作る粉のシャンプーです。

シカカイ・アムラ・リタ、この3つのハーブを主にブレンドしたハーブシャンプーは、天然の石鹸成分を含み適度に皮脂を洗い流してくれます。

ここで使用されているハーブというのがアーユルヴェーダで使われているものでした。

13499583_1734616126797828_70503080_o

そこからアーユルヴェーダを知り、本を読んで勉強しましたが、初めて聞くような聞き慣れない言葉が多いせいかあまり頭に入ってきませんでした。。

その後アーユルヴェーダのワークショップを受ける機会が訪れました。

そこでの体験は本の中で読んでいた文というのがわたしの中で立体化し色がついて動きだすようなものでした。

その経験がとても大きな一歩となりいつかきちんと本格的にアーユルヴェーダを学ぼうという気持ちを膨らませます。

それが今回わたしをスリランカへ向かわせた理由のひとつです。

13509850_1734616303464477_1569251913_o

スリランカでの体験はわたしにとって新鮮なことの連続でした。

ここでの体験がすごく当たり前な大切なことに改めて気づかせてくれたのです。

13493155_1734616310131143_2048656409_o

自然=私であるということを知りました。

植物も呼吸をし、光合成によって栄養を作りだし成長していきます。

落葉するのは、幹に溜めた老廃物が限界に達したためなんだとか。

デトックスもしているんですね。

日々生きて、朽ちていきます。

わたしたちも同じです。

最終的に身体だけになったわたしたちは自然へと還ります。

だから、わたしたちが健やかに日々を過ごすことが自然にとってもとても良いことなのです。

自然を愛でる心と共に、健康でありたいと願う気持ちが育まれることは至極当然で、それが循環するエネルギーになるということを知りました。

みんなそれを感覚的に理解しているから、自然の中ですくすくと育った野菜を食べたいと思うし、持続可能な暮らしをしたいと望むのだと思います。

最初の授業でこれを聴いたときもうこれが知れただけで十分と思うくらい嬉しかったです。

こうしてアーユルヴェーダを学んでいくと、飽き性なわたしでもアーユルヴェーダにおいては興味が絶えず、生涯をかけて学んでいきたいと思うようになりました。

13499934_1734617893464318_155178060_o

アーユルヴェーダでは、この世の全てのものが薬になると言っています。

お肉も薬になります。

毒とされるものもきちんと古典に書かれた手順を踏めば薬に変えられるそうです。

日々食べるものが、肌に触れるものが、視るものが、聴くものが、香るものが、わたしたちに色々な影響を及ぼします。

何が自分にどれだけの影響を及ぼすのか、それを観察することをおすすめします。

自分の日々の肌の色、声の様子、便の様子、尿の色などを人に説明できますか?

わたしは今回日々の観察の重要性を感じました。

この観察は、身体のことだけではなく精神的な部分も関わっています。

だからヨガと瞑想もアーユルヴェーダの重要な一部なのです。

13518246_1734616096797831_1084337676_o

わたしが提案する日常生活においてアーユルヴェーダの取り入れ方。

朝ベットに寝転んだまま「今までで一番最高に気持ちのいい伸び」を数回繰り返し、ゆっくりと深呼吸を10回繰り返す。

今までで一番最高に気持ちのいい伸びですよ!

そして50℃くらいの白湯をコップ一杯ゆっくりと飲んで一日を始めてみてください。

そのあとは、いつもと何か違うのかそれとも何も変わらないのか感じて観察するのみです。

13493173_1734617890130985_1469623743_o

アーユルヴェーダに興味のある方はもう少し専門的なことをKiKi productのブログにて更新予定ですのでどうぞ楽しみにしていてくださいね。

それそれがそれぞれの日常を大切にしてください。

お店に来て頂ければもっと色々なお話も出来ますのでお気軽に遊びにいらしてくださいね。

それでは素敵な一日をお過ごしください。