笑達×川井有紗 夫婦展

笑達×川井有紗 夫婦展

0315

企画展のご案内

あたたかくなって来た春に相応しいうつしき今年最初の展示は似顔絵作家 笑達さんと奥さんであり自然物を用いた装飾品を作られる川井有紗さんによる展示を行います。
笑達さんは今回の展示を前にラオスを旅されていたり、有紗さんは今回初めて挑戦される染色作品も並びます。
お二人は作り手としてはもちろん人としても尊敬している作家さんです。
京都に在るアトリエギャラリーもかなり衝撃を受けた場所の一つです。
今回は展示の他に青木隼人さんによるライブに合わせて有紗さんが植物を用いた染色絵を描いたり、河合悠さんの灯す火を前に行う暗闇似顔絵などイベントもたくさんあります。
いつもながらたくさんの方に足を運んで頂きたい展示となっておりますので是非遊びにいらしてくださいね。

 

笑達×川井有紗 夫婦展

春を生きて、夏が来る
夏を生きて、秋が来る
秋を生きて、冬が来る
冬を生きて、またやって来る春
土の上に生きて、日々を生きる
日々を生きて、命を繋ぐ

場所
うつしき

日程
3月25日 – 4月2日(期間中は休み無し)

時間
11:00 – 18:00

場所
福岡県宮若市原田1693

電話番号
0949-28-9970

website
www.utusiki.com

e-mail
info@utusiki.com

※似顔絵、ライブ、ワークショップの予約は電話での予約対応となりますのでお店に直接ご連絡ください。

17354947_1269744643113196_1939007177_n

笑達×川井有紗展 オープニングイベント

「暗闇の中での似顔絵」

灯 河合悠
3月25日(土) 17:00 、18:00
3月26日(日)17:00 、18:00
一日二名限定 4000円
予約優先

春の夕暮れ、河合悠さんの燈す灯の中で似顔絵を描きます。
暗闇の中に佇む表情、気配のようなもの。
火を見る時、火にはその人自身が映ります。
心の中の想いなのか、それともその人そのものなのか。
いつまでもいつまでも。
自身の深淵に進んでいくような中すくい取る表情。
灯に映るその人を感じながら、描きます。

17357023_10206728952420994_655090836_o

笑達×川井有紗展 オープニングイベント2

「芽吹きの演奏会」

演奏 青木隼人
3月26日(日)
開場13:00
開演13:30
定員 25名
3500円

私達のいる世界には季節があります。
春・夏・秋・冬と様々な世界を見せてくれます。
そして、私達一人一人の中にも春・夏・秋・冬と季節が巡っているように思うのです。
様々な命が冬眠する冬を越えて、芽吹きの春がやって来ます。
今、私の中にも春のような芽吹きが身体の中を巡っています。
今回、音楽家の青木隼人さんと、植物の力をかりて、芽吹きの春を描けたらと思います。
すぐそばにある春を皆さんにも見つけてもらえれば幸いです。

004

ワークショップ

『宝物を編む』

うつしき周辺を散策し、拾い物を持ち帰り、それを編む自分だけの宝物を編むワークショップ。
編んだ作品はアクセサリーや、オブジェにしていただけます。
きれいだなと思うもの、心惹かれるもの。
自分自身が美しいと感じるものをぜひ見つけていただけたらと思います。
皆さんと一緒に自然の中に美しいものを見つけ、自分だけの宝物作りをしてみませんか?

4月2日(日)
13:00 – 約3時間(制作時間)
4000円
定員数 8名

001
似顔絵会
3月25日(土)、26日(日)、27日(月)、4月1日(土)、2日(日)
※26日は演奏会のため13時- 15時の予約はお受けできません。

参加費
カードサイズ
・127×178mm(写真2Lサイズ)
¥3240 – ¥7560
・182×257mm(B5サイズ)
¥6480 – ¥15120

大判サイズ
¥12690 –
※1 – 10名

17327966_1269744639779863_1745114699_n

笑達(しょうたつ)

1982年 和歌山県出身。
19歳から似顔絵を描きはじめ、現在までに描かせてもらった人数は30,000人以上。
サクラクレパスを使い、目の前の人の存在と、その魅力をそのまま似顔絵に描く。
2001年より京都の路上で似顔絵を描きはじめる。
2005年 似顔絵作家集団『WORLD1』設立。
2012年 独立、『&NIGAOE』設立。
似顔絵作家“笑達”として個人活動を開始。全国各地で似顔絵制作、個展多数。
URL:http://and-nigaoe.jp/

005

川井有紗(かわい ありさ)

1982年生まれ。広島県出身。
2009年、独学で植物を使ったアクセサリーを作り始める
半年後の2010年に初めての個展を開催する。
そののち、植物に限らず、海や山で出会う植物、漂流物、貝殻、鉱物など、
自然素材を中心に作品の幅を広げながら、個展、グループ展などを中心に作品を発表。
ジャンルにとらわれず、今自分にとって必要なこと、ものを生み出したいと思っている。
今展示では、初めての染色作品も展示する予定です。
URL:http://kawai-arisa.jp

aoki
青木隼人 AOKI,hayato

ギター演奏を中心に音楽を続ける。自主レーベル「grainfield」からCD作品を9つ発表。
ジャケットのデザインも自身で手がける。
ソロでの演奏活動のほか haruka nakamura とのデュオは2014年にアルバム『FOLKLORE』を発表。
http://grainfield.net/

003河合 悠 / Yu Kawai

2003年より蝋燭の制作を始める。
灯りとのつながりを求め、各地での場作りを続ける。
陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や各地でのワークショップや個展の他に、haruka nakamura piano ensemble、AOKI’hayato 、ARAKI shin 、Quentin Sirjacq、青葉市子、内田輝、森ゆに、高木正勝、土取利行など多くの舞台装飾を行っている。
http://yukawai.jugem.jp/
.
展示時に合わせて蝋燭の販売も行います。
販売価格 2000円+税~

皆様のご来店心よりお待ちしております。